皆様こんにちは!ティーズ合同会社代表の宮城輝慶と申します。

幼少期から茨城県ひたちなか市(旧勝田市)で暮らし、勝田リトルリーグ、シニアリーグ、茨城県立日立商業高校で野球に明け暮れました。

陸上自衛隊、ヤマト運輸などに勤務したのち、2016年7月に地域密着型デイサービス『ひめの』を開設いたしました。

「ひめの」は私の三女の名前ですが、『誰にでも優しく、いつも笑顔で。』の意味を込めて、デイサービスにも同じ名前を付けました。 

現在、妻と三姉妹(高2・中2・年長)の子を持ち、趣味はスポーツ観戦全般ですが特にサッカーJ2リーグ水戸ホーリーホックのサポーターとしてホームゲームにはほぼ足を運んでいます。

◆介護への思い

2015年、父が突然 脳出血で倒れました。

要介護5。

いつも優しかった父。何不自由なく育ててくれました。

「自分が介護する!」

私は、ヤマト運輸を退職し、1年間サービス付き高齢者向け住宅とデイサービスに勤務しました。

父と一緒に出勤し、一緒に帰る。そんな思いからでした。

いざ勤務が始まると、利用者から「今から散歩に行きたい」、「今、買い物に行きたい」などの要望があるたびに「上に聞いてみるね…」の繰り返し。

結局行けず「申し訳ない」と小さな希望も叶えてあげられない無力感を感じる日々でした。

スタッフには限りがある。だから全ての要望には応えられない。当然の理屈なのか⁉

どうしたら利用者の要望や期待に最大限応えられるだろう!?

◆デイサービスの運営

父にも同じ思いをさせたくない。

「自分で小さなデイサービスをやろう!」

「利益は後、実行が先!」

利用者、家族の希望を最大限叶えられる場所をつくる!と、デイサービス「ひめの」を立ち上げ、この4年間突っ走ってきました。

◆デイサービスひめの【理念】

「ひめの」では、利用者の意思を最大限に尊重し、オーダーメイドでの、前例に捉われないサービスを提供しています。

◇外出、リクリエーション活動は利用者の声を取り入れて実行します。

★お困りごと、すぐにご相談ください。

・治療が終了し退院する事となったが、自宅での生活が当面の間不安な方。

・介護認定申請中のだが、暫定的にデイサービスを利用したい方。

・入居系施設に申し込みをしているが、入所までの間お泊りデイサービスを利用したい方。

・自費のお支払いが不安な方。

・生活保護の方。

・今日、受け入れて欲しい方。

その他、いつでも私の携帯にお電話ください。運営会社代表 宮城 輝慶 080-4926-4032まで!!